遺産相続手続きの期限~何をどうしたらよいか戸惑ってしまう方へ

人が亡くなり、その方の所有していた財産を家族などが受け継ぐとき、相続が発生します。この財産を所有していた人を【被相続人】、財産を受け継ぐ人を【相続人】と呼んでいます。財産には家や土地といった形のあるものだけでなく、様々な…

相続した不動産の登記は義務?

お亡くなりになられた方が残した不動産(建物や土地)の相続登記(名義の変更)はしなくてはいけないのでしょうか?2021年現在では相続登記をしていなかったとしても何も罰則はありません。では、相続登記をせずにそのままにしている…

4月に納付書と一緒に届く固定資産税課税明細書は大事に保管

4月になると、固定資産税の納付書が、各市区町村からその年の1月1日現在の不動産所有者に送付されます。その納付書と共に一緒に固定資産税課税明細書が送られてきます。ここに、評価額とか価格と記載されている数字が、固定資産の評価…

自筆証書遺言と公正証書遺言

自筆証書遺言とは 字の通りですが、自筆で書いた遺言書のことです。要件を満たさないと無効になってしまうので注意が必要となります。 <要件> ・遺言の全文を自署すること(財産目録は自署しなくても良い。ただし、余白に署名押印要…

離婚した妻(夫)やその子供に遺産は相続される?

亡くなった人に離婚した妻(夫)とその子供がいる場合、遺産は相続されるのでしょうか?離婚後、何も対策をしていないと相続の時になって困ってしまう恐れがあります。相続人同士のトラブルを避けるためにも、注意するべき点を把握してお…

相続手続きを依頼するときの3つのポイント

相続手続きと一括りに言ってもその内容は多岐に渡ります。あなたが専門家に相続手続を依頼したいという時はこれからお伝えする3つのポイントを相談時にチェックし、これらのポイントを押さえた専門家に依頼することをオススメします。 …

後悔しない贈与のやり方

相続対策で身近で取り組みやすいものに贈与があります。しかし、よく検討しないまま贈与をしてしまうと後々後悔してしまうかもしれません。このようにならないように贈与を始める前によく検討することをオススメします。 必要以上の贈与…

遺言書はいつ書くの?

遺言書作成を検討しはじめるのは高齢になってからという方が多いように感じます。民法では満15歳以上になれば遺言を書くことが可能なのですが、あまり若い時から遺言書の作成を検討する人は少ないのではないでしょうか。若いときは死の…

相続税の税率

相続税申告が必要な場合、気になるのがどのくらい税金が掛かるのか?ではないでしょうか。具体的な税金の計算は専門家である税理士に試算してもらう必要があります。 基礎控除 まずは基礎控除をプラスの相続財産から引きます。基礎控除…

相続人が亡くなっていたらどうする?

相続が発生した際、相続人が既に亡くなっていた場合には代襲相続が発生します。 代襲相続とは 被相続人の死亡以前に、相続人となるはずだった子が死亡や一定の理由で相続権を失ったときは、その者の子、つまり孫が代わって相続できるこ…