相続登記の義務化

現在、相続が発生した場合でも不動産の名義変更をしなければならないということにはなっていません。 しかし、不動産の相続登記をしないことによって、権利関係が複雑になったり、売却や担保設定ができないなどのデメリットがあります。…

相続手続きの期限・相続税申告の期限はいつまでか?

相続関係手続きの期限 相続手続きには、それぞれ下記のような期限があります。 ・相続税申告 相続開始後(死亡後)10か月以内 ・準確定申告 相続開始後 4か月以内 ・相続放棄  相続開始後 3か月以内 ・年金の受給停止続き…

相続人は誰? ~ 戸籍取得し調査

相続が発生して手続きを進めるために必要不可欠なことは、相続人の確定です。まずは相続人が誰なのかを確定しないと何も始まりません。そのために必要なのが戸籍調査です。「調査などしなくても大丈夫…」という思い込みは禁物です。被相…

相続税申告の上場株式評価及び相続手続き

今回は、相続手続きについてご案内します。 相続時の株式の評価方法 株式は、上場株式、気配相場等のある株式、取引相場のない株式の3種類に分けてそれぞれ評価することになっています。 今回はその中での上場株式の評価方法について…

配偶者居住権の登記

令和2年4月1日に施行された法律によって配偶者居住権の登記ができるようになりました。 配偶者居住権の登記を申請する場合には、配偶者居住権の権利者と不動産の所有権登記名義人との共同申請によって登記を申請する必要があります。…

自筆証書遺言と公正証書遺言作成するならどっち?

自分で書く遺言書を自筆証書遺言といいます。お手軽に作成できる一方で書式が間違っており使えなかったり、どこにしまっているかわからず見つからなかったり、分割協議の後に遺言書が見つかる、遺言書の有効性について裁判に発展するなど…

相続の際の自動車の名義変更手続き

相続時の自動車名義変更の手続きについては、下記の必要書類をそろえて管轄の運輸支局へ申請するという流れです。 例:名古屋市の管轄支局 愛知運輸支局 https://www.mlit.go.jp/jidosha/kensat…

法定後見制度(後見・保佐・補助)

法定後見とは? 法定後見とは、認知症などによって、現に本人の判断能力が低下した場合に、親族等の請求により、家庭裁判所が成年後見人等を選任する場合で、成年後見人等が法定の権限に基づいて本人の財産管理や身の上監護を行う制度で…

相続と遺贈、贈与はどう違うの?

相続について調べる中で、「遺贈」と「贈与」という言葉を知る機会は多くあると思います。相続、遺贈、贈与というのは、財産を無償で移転させる行為(事象)のことですが、この3つの違いを知っていますか?今回はこの3つの違いについて…

農地の相続 ~農業委員会の許可

農地を名義変更するときに農業委員会の許可などが必要となる場合があります。この許可は売買や贈与などで名義変更をするときに必要となるのですが、相続の時には農地であっても農業委員会の許可などは必要となりません。 但し、遺言書が…