相続手続き~面倒な預貯金の解約手続き

預貯金の解約は、とにかく煩雑な手続きです。相続人ご自身で預貯金の解約手続きを行う場合、まず平日に、役所へ行って戸籍を取得することから始まります。戸籍を取得して相続人が確定できたら、次に平日3時までに銀行の窓口で手続きを行…

相続税申告~遺産分割をどうするか?

相続手続の中で一番のヤマ場が、遺産分割協議です。 財産目録を作成し、被相続人の財産がすべて判明した後、それを相続人同士でどのような分割にするかを話し合う必要がありますが、中にはここで手続が止まってしまうケースもあります。…

相続税申告~相続財産で差し引けるマイナス財産

<借入金>  銀行の場合、預金の相続手続を進める中で、借入金があるかないかは判明します。しかし、個人間での借入れについては証拠となる資料、金銭消費貸借契約書などがないと分かりません。 <未払い金>  治療費など、亡くなっ…

相続税申告~相続財産で差し引けるマイナス財産

<借入金、連帯保証債務>  銀行の場合、残高証明を取れば、借入金も判明しますが、個人間での借入れについては証拠となる資料、金銭消費貸借契約書などがないと分かりません。最も大変なのが保証債務で、故人が連帯保証人となっていた…

相続税申告~相続税申告で漏れやすいプラス財産

<被保険者が故人以外の生命保険> 被保険者が故人でなくても、契約内容によっては相続財産に含まれる生命保険があります。重要なのは、「契約者」「被保険者」「受取人」が誰の名義になっているかという点です。申告から漏れやすいのは…

相続税申告~相続財産には何があるか①

当協会に相続手続きをお申し込みいただきますと、まず初めに亡くなられた方がどのような財産をお持ちだったかということをチェックリストに基づいて確認していきます。財産とは、下記のような項目です。ご自身で手続きされる場合も、チェ…

相続税申告~債務となる葬儀費用・お布施とは?

葬儀費用や住職へのお布施の支払いは、生前に確定していた支払いでなく、相続後に葬儀社や住職に遺族が支払う費用なので、本来相続税申告上の債務とはならないはずです。しかし、人が亡くなったことで発生し、相続財産から支払われる事も…