相続税申告

相続税対策に使われる『養子縁組』 その基礎知識と活用方法

養子縁組制度を利用して“子ども”の数を増やすと、法定相続人が増えることで相続税の基礎控除額が拡大されます。そのため、養子縁組は相続税対策として用いられることがあります。今回は、養子縁組の基本的な知識や、注意すべきポイント…

納税者が死亡しても確定申告は必要か? 4か月以内に行う準確定申告

生存している場合は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、翌年2月16日から3月15日までの間に確定申告をする必要があります。しかし、年の途中で亡くなった人は、どうなるのでしょうか。今回は、『準確…

他人事ではない相続税の滞納! 早めの準備を

相続税の申告・納付は、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10カ月以内にしなければならず、未払いにしてしまうとペナルティが課せられます。税額が大きい場合、相続人が支払いに困る場合もあるため、事前に対策を立てておくこ…

相続税の2割加算とは?

1-1.相続税の2割加算の対象者 相続や遺贈(遺言による譲り受け)などで財産を受け取った人が、亡くなった方の一親等の血族及び配偶者以外である場合に相続税額が2割加算されます。 一親等の血族とは、養子を含む子供及び両親のこ…

相続税申告の税務調査とはどんな内容で、 誰が対象となりやすい?

相続税の申告が済んだあと、忘れた頃にやってくる可能性があるのが『税務調査』。国税庁は、相続税の申告に関連する資料を随時収集していて、申告額が少なかったり、無申告ではないかと想定されたりする事案に対して、税務調査を行います…

親が続いて亡くなると相続税が安くなるってホント!?

続いて親が亡くなり、相続が発生すると両親2人分の相続税を子どもは負担する必要があります。このように短期間で負担が大きい相続税の納付を軽減するために国が定めたものとして、「相次相続控除」という相続税を軽減する制度があります…

相続手続の期限があるものとは?

相続手続には期限があるものもあります。今回は、期限がある手続きの代表的なものについてまとめたいと思います。 期限はいつから数えるの? 相続手続の期限は基本的に、被相続人の死亡日から数え始めます。とはいえ、死亡した事実を知…

相続税申告の端株計上漏れに注意!

証券会社に株式がある場合、証券会社の残高取引報告書や残高証明書を見て、それですべてだと思ってしまうことはないでしょうか?実は、別の所に端株があるかもしれません。端株のお手続きは証券会社ではなく、株を預かっている信託銀行に…

相続税の税率

相続税申告が必要な場合、気になるのがどのくらい税金が掛かるのか?ではないでしょうか。具体的な税金の計算は専門家である税理士に試算してもらう必要があります。 基礎控除 まずは基礎控除をプラスの相続財産から引きます。基礎控除…

相続税申告・相続人の確定申告が必要となるケースは?

相続税申告が必要なケース 相続や遺贈によって取得した相続財産が基礎控除額を超える場合には、その超える部分に対し、相続税が課税されます。なお、基礎控除額は、3,000万円+法定相続人数×600万円です。相続財産は以下のよう…