相続人

行方不明の相続人の住所を調べる方法

相続人間で長らく疎遠になっており、住所も電話番号もわからず、連絡がつかない場合があります。このような場合は、相続人と連絡をつける方法はあるのでしょうか? 戸籍の附表をとり住所を調べる その行方不明の相続人の本籍地の市区町…

連れ子の相続と養子縁組

どんなに仲が良くても、どんなに長い年月を一緒に過ごしていても、残念ながら、後妻(夫)の連れ子には相続権はありません。 介護や身の回りの世話をどれだけしても、連れ子は遺産を何も相続することはできません。それは血のつながりが…

代襲相続とは?

相続が発生すると、まずは誰が相続人となるのか調査をし、相続人を確定する必要があります。相続人になれる人は民法で決められており、配偶者と一定範囲の血族がそれにあたります。この民法の定める相続人を法定相続人と言い、法定相続人…

行方不明の相続人がいる場合

相続が発生した際、所在のわからない相続人がいる場合もあるかと思います。このような場合にはすぐに遺産分割協議をすることはできません。ですが、いつまでも遺産分割協議ができないというのも困ってしまいますね。では、どうすればよい…

相続人が不存在の場合

生涯独身で、子供もいない・親も既に亡くなってしまった・兄弟姉妹はいなくて一人っ子であったという場合、相続人がいない事になります。相続人が不存在の場合、どのような手続きをして最終的に財産は誰に行くのでしょうか。 相続人のあ…

相続人がいないとき、遺産はどうなるか?

特別縁故者がもらえることもある   通常、被相続人の財産は民法で定められた範囲の相続人が引き継ぐことになっていますが、必ずしも法定相続人がいるとは限りません。相続人が誰もいない場合やいるかどうかはっきりしない場…

相続手続上、法定相続人を確定するための戸籍取得作業

相続人の確定からはじまる 遺産分割協議に入る前に欠かせいなのが、相続人を確定するための戸籍調査です。確定するには少なくとも被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍、除籍、改製原戸籍の謄本が必要です。戸籍は、本籍地のある役…

相続の基本 相続人になれる人は?

相続人は誰でもなれるわけではありません。相続人になれる人は民法で定められています。この民法の定める相続人を【法定相続人】と呼んでいます。では、相続があったとき、誰が相続人となるのでしょうか。 法定相続人は、【配偶者相続人…

相続人が相続する権利を奪われるケース

今回は、本来相続人となる方が、その権利を奪われる場合について説明します。 ①相続欠落の事由に当たる場合   本来、相続人となるべき者が、相続する権利を奪われる場合があります。その一つが相続欠落です。たとえば、遺…

相続の基本③ 相続開始以前に相続人が死亡していたらどうなる?

相続がはじまり、相続人を確認してみたら、相続開始以前に相続人となるはずだった子が亡くなっているという場合もありますよね。そういった場合、その者が相続する予定だった財産は、誰が代わりに相続するのでしょうか。 結論から述べま…