相続ワンポイントメモ

相続税対策に使われる『養子縁組』 その基礎知識と活用方法

養子縁組制度を利用して“子ども”の数を増やすと、法定相続人が増えることで相続税の基礎控除額が拡大されます。そのため、養子縁組は相続税対策として用いられることがあります。今回は、養子縁組の基本的な知識や、注意すべきポイント…

ローンなど相続債務の調査の仕方

故人が借金をしていたが、その明細がわからない場合、どこでどのように調べればよいのでしょうか? ①まずは郵便物・保管物を調べる 債権者からの郵便物がないか、借金の返済予定表などが保管されていないか、調べましょう ②通帳の入…

納税者が死亡しても確定申告は必要か? 4か月以内に行う準確定申告

生存している場合は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、翌年2月16日から3月15日までの間に確定申告をする必要があります。しかし、年の途中で亡くなった人は、どうなるのでしょうか。今回は、『準確…

死亡3か月経過後に発覚した借金の相続放棄

相続放棄は相続後3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の手続きを行うことが原則です。しかし中には死亡後3か月以上たった後で知らなかった借金が見つかる場合があります。このようなケースでも相続放棄手続きができる可能性があります。民…

相続対策にアパート建設 節税のしくみと意外な落とし穴とは!

比較的ポピュラーな相続税対策として、アパートローンなどの借入金を利用し、未活用の土地の上に、賃貸アパート・マンションを建てるという方法があります。土地とお金を『賃貸物件』に変え、相続時の評価額を下げることで節税につなげる…

相続対策で、忘れられやすい認知症対策

相続対策というと、みなさんが心配されるのは相続税対策が多いように思います。 認知症対策 しかし、他の相続対策として、相続争いとならないような争続対策、相続税の納税資金の対策、認知症になった時の対策があります。なかでも、認…

他人事ではない相続税の滞納! 早めの準備を

相続税の申告・納付は、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10カ月以内にしなければならず、未払いにしてしまうとペナルティが課せられます。税額が大きい場合、相続人が支払いに困る場合もあるため、事前に対策を立てておくこ…

相続手続の前に、遺言の有無を必ず調べてください!

遺言をどのように探せばよいのか 被相続人が遺言を残してはいるものの、遺言を作成したことや、その保管場所などについて、事前に誰も聞いていないケースがあります。遺言があるかどうか知らされていない場合でも、「遺言が残されている…

相続税の2割加算とは?

1-1.相続税の2割加算の対象者 相続や遺贈(遺言による譲り受け)などで財産を受け取った人が、亡くなった方の一親等の血族及び配偶者以外である場合に相続税額が2割加算されます。 一親等の血族とは、養子を含む子供及び両親のこ…

年金の加入者が亡くなった場合 、遺族は年金を受け取れる?

年金には大きく分けて、国民年金や厚生年金などの「公的年金」と、企業型DCなどの「私的年金」があります。では、仮に年金の加入者が亡くなったとき、相続人はその年金を受け継ぐことができるのでしょうか? 公的年金は遺族年金として…