贈与

相続税申告~相続財産には何があるか②

相続税申告~相続財産には何があるか①の続きです。 <生命保険> 生命保険は受取人に指定されている人固有の財産で、相続財産には計上しません。ただし、生命保険でも契約内容によっては相続財産に含まれるケースがあります。生命保険…

特別受益~生前贈与を受けていると、相続分が減る?

 相続人の中に、生前に亡くなった人(被相続人)から贈与を受けた方がいる場合、贈与を受けた受けないで相続人間で不公平感が出てきます。そこで、民法では生前贈与の一部や遺贈を『特別受益』とし、法定相続分から特別受益を差し引いた…

相続人以外に合法的に財産を渡していくには?

家族以外のお世話になった人に、自分の財産を残したい。そんな時、法律に則って財産を渡すには、どのような方法があるのでしょうか? 自分の財産を渡す方法として、大きく 3つに分けることができます。財産には、不動産や預金だけでな…

贈与をしなかったほうがよかった事例

最近、贈与対策を金融機関などに進められたとの相談を受ける機会が増えてきました。確かに、贈与は財産を子へ 1代飛ばし、孫へ 2代飛ばしといわれるように、使い方によっては税対策として有効です。 ただ中には、下記のように贈与し…

相続税対策 ~ 子や孫への贈与を年末までに検討

年末も近づきました。今年の贈与税の基礎控除 110万の権利は、使われましたか。ご存知のように、この贈与税の基礎控除は暦年(毎年 1月から 12月末まで)ごとに、110万の控除が誰にも使えるということなので、相続税対策が必…

夫婦間の居住用不動産贈与 2,000万非課税の思わぬコストに注意!

婚姻期 20年以上の夫婦間で、居住用不動産の贈与もしくは居住用不動産を取得するための金銭贈与が行われた場合、基礎控除 110万以外に 2,000万の控除ができるという配偶者控除の特例があります。長年連れ添った妻への感謝の…

相続税申告 ~ ② 名義預金か贈与か

名義預金とみなされず、贈与とみなされるには、どうすればよいかについて説明します。 贈与契約書があるかどうか 民法上は、あげます、もらいますという両者の意思表示があれば贈与は成立するといわれていますが、証拠づくりのためには…

相続税対策で贈与しすぎて、老後の生活は大丈夫?

税制改正で相続税の基礎控除が下がったことや、教育資金贈与、住宅資金贈与、結婚子育て資金贈与などの非課税贈与の情報も増えたこともあり、相続税対策として贈与が注目されるようになっています。 ただ、相続税は下がるが、老後の生活…

遺産分割 ~ 贈与していたことが原因でもめる? 特別受益に注意!

生前相談にて、「将来もめないために不動産を贈与しておきたい」と相談を受ける場合があります。生前に両親から長男などへ自宅不動産や自社株など大事な資産を、跡継ぎの長男に生前贈与しておけば、相続時は贈与されているので、残った財…