相続人

相続人調査のための戸籍取得とは

相続手続きの一番初めに行うことは何でしょうか? 銀行の解約、不動産の名義変更など、やることは山ほどありますが、まず最初に行うのは、「相続人調査」です。   「調査などしなくても、相続人は分かっています」と思われ…

遺言書の指定からはずれても、相続人は最低もらえる財産がある

遺言書に自分の名前が入っていなかったら・・・、あるいは、「全財産を慈善団体に寄付する」など、家族には一切財産を残さない内容の遺言書が見つかったら、残された家族の生活はどうなってしまうのでしょうか? 民法では、一定の相続人…

孫が相続人となるのは、どのような場合?~代襲相続について

法律で定められた「法定相続人」は、配偶者、子、親、兄弟姉妹のみで、孫が相続人となることは基本的にはありません。 では、例外的に孫が相続人となるのは、どのような場合でしょうか? 民法では、財産は親から子へ、子から孫へと受け…

死亡直後に市区町村に行う届け出

家族が亡くなったとき、役所に行う届け出にはどういったものがあるのでしょうか?お通夜や葬儀などで慌ただしく時間が過ぎてしまいますが、なるべくすみやかに手続きを行いましょう。   死亡届(死亡後7日以内) 死亡届を…

法定相続人とならない親族は誰?

自分のきょうだいが亡くなった場合、相続財産はもらえるのでしょうか? 配偶者が相続人になることは誰もが知っていても、法律で決められた相続人とは、誰なのかは意外に十分理解されていません。どこまでの範囲が相続人なのか? 以下に…

相続放棄 ~ 相続人でなかった兄弟姉妹へ債務が相続されるケース

Aさんには、3人の子どもがいました。 次男が、サラ金などで借金を重ねた末に交通事故で急になくなりました。次男はまだ独身でしたので、法定相続人は、第 1順位の子どもはいないので第 2順位の親である Aさん夫婦です。そこで、…

遺産分割協議成立後に認知による新たな相続人が発生した場合

一旦遺産分割協議が成立した後に、認知によって新たな相続人が発生し、その方が遺産分割を請求してきたとしても、すでに成立した遺産分割協議は有効のままとなります。新たな相続人は、他の相続人に対して分割方法についての見直し要求は…