相続ワンポイントメモ

準確定申告とは~相続後4か月以内が申告期限

3月15日に確定申告の期限が終わりました。 自営業者には馴染みのある確定申告ですが、年金収入の方で毎年確定申告を行っている方は少ないと思います。       では、相続に関係のある「準確定申…

相続後3か月以内が提出期限の相続放棄!

亡くなった家族に多額の借金があるとわかったら・・・まず思い浮かぶのは、「相続放棄」という言葉でしょうか? 「相続放棄」という言葉自体は聞いたことがあっても、実際にどこでどのような手続きを行えばいいかは、あまり知られていな…

孫が相続人となるのは、どのような場合?~代襲相続について

法律で定められた「法定相続人」は、配偶者、子、親、兄弟姉妹のみで、孫が相続人となることは基本的にはありません。 では、例外的に孫が相続人となるのは、どのような場合でしょうか? 民法では、財産は親から子へ、子から孫へと受け…

死亡後の金融機関に対する届け出や公共料金の手続き

亡くなった方の取引していた銀行などの金融機関に行って、届出をする必要があります。また、故人が支払っていた公共料金についても、手続きが必要となります。 同じ家に暮らしていた家族なら、故人がどこの銀行に口座をもっているかなど…

死亡保険金受取手続きと、受取人が複数の場合の手続き

保険会社によっても、多少必要書類が違いますが、一般的には下記の書類が必要です。 保険会社所定の死亡保険金請求書 死亡診断書 被保険者の住民票(住民票除票) 受取人の戸籍抄本(謄本) 保険金受取人の印鑑証明 など 保険金受…

亡くなる前に譲渡した不動産の税金は?

被相続人である父は、死亡前に不動産を売却しました。売却代金はすでに父の預金に入金された状態で、亡くなりました。当然、相続財産に父の不動産売却代金は含まれているので、相続税は課税されますが、他にかかる税金はありますか? 相…

相続人以外に合法的に財産を渡していくには?

家族以外のお世話になった人に、自分の財産を残したい。そんな時、法律に則って財産を渡すには、どのような方法があるのでしょうか? 自分の財産を渡す方法として、大きく 3つに分けることができます。財産には、不動産や預金だけでな…

住宅が建っている場合の固定資産税の軽減

土地には、1月 1日時点での所有者に、毎年固定資産税(1.4%)、都市計画税(0.3%)が課税されます。しかし、土地の上に住宅が建っていると、入居していようがしていまいが、その土地にかかる税が平成 27年度までは軽減され…

相続税申告 ~ 子供が支払うべき相続税を親が払ったら…

父が亡くなり、母と長男、長女が相続人のケースで、不動産は子供たちに相続し、金融資産は母が相続するという遺産分割をされる場合があります。このうようなケースで、相続税納税資金を親が払ってしまうと、後々税務調査などで問題となる…

相続後に支払われた生命保険の入院給付金は、相続税対象

亡くなるまで被相続人が病院に入院をされていた場合、遺族が保険会社に連絡し相続後に生命保険の入院給付を受ける手続きをします。 入院給付金が支払われた場合に注意しないといけないのは、入金となったお金は相続財産としてプラスされ…